« 肉野菜炒め | トップページ | チャーハン 焼き飯 »

2006年3月 1日 (水)

最高機種

Ex42big_2

(左はEX-42)日本の電子オルガン最高機種を紹介します・・・

Gx1big_2 Sxdd10001_2

                                                     

                                      

左上がエレクトーンGX-1で販売当時スピーカー共で850万円でシンセ的な感じでコンクールなどで使用されてました。右上がテクニトーンでSX-DD1000、

左下KawaiT-30というのがあり、ストリングアンサンブル、ブラスアンサンブル、ヒューマンボイスをもつ4段鍵盤のコンサートモデル。右下がハモンドX-66、輸入ものなので詳しい価格は分かりませんが、スピーカー共で600万円を超えるのではとの噂?。X661

Kwai_t30_with_speaker_cabinets_19_2                                                                                                                                                                                   

                                                                                

|

« 肉野菜炒め | トップページ | チャーハン 焼き飯 »

コメント

おっ!興味深い記事ですね。

ポンタさんは、OrganBlueBookをお持ちでしょうか?私のは2002年版ですが、なかなか詳しく載っており、オルガンマニアにはたまらない一冊となっておりますです。

それによるとX-66の価格は¥5,150,000(レスリーなし)だそうですよ。

あとテクニトーンも沢山ステージモデルを出していて、A1のあとにA10という機種があります(FN3のステージモデル)。スピーカーなしだと230万だとか。ELXと同じくらいですね。

投稿: K.I | 2006年3月 2日 (木) 午前 12時50分

SX-DD1000・・・懐かしい~

実はcottonはこの楽器を弾いた事があります。現在アトリエショールームがある梅田がテクニトーンだった昭和52年頃置いてあって少し弾かせてもらったことがあります。
記念演奏会で故帝王カラヤンが演奏したことで有名になった楽器でもあります。
残念な事にGX-1は一度も触れなかったなあ~。とにかく楽器の開発に前向きな時代でもあったんだけど、買い換えの激しい時代でもあったんだよね。そう言えばこの間同じエレの友達がJ専の生徒6人にステージアを売ったんだって。全員カスタムみたいだけど親も大変だなって思ったよ。でも今のJ専はいいよね。買い換えじゃなくてアップグレードで済むから今後の費用も割安で済むからね。

投稿: cotton | 2006年3月 2日 (木) 午前 01時43分

K.I さん、こんばんは!

ハモンドオルガンの場合、日本が固定金利(当時1$360円)から変動金利になったり、関税の関係とかで、時期と地域で販売価格が変わってたので、あのように記載させてもらいました。
あとアトリエとトリマトーンは勉強不足だたったので今回は、搭載しませんでした。
アトリエの機種についても良かったら教えて下さい。
宜しくお願いします。

投稿: ポンタ | 2006年3月 2日 (木) 午前 02時57分

cottonさん、こんばんは!


SX-DD1000を弾いたことがおありなんですね、販売価格はとの位なんでしょうね~!
一度弾いてみたいですよね~。
それにしてもテクニトーンってフルスケール、フル鍵盤をかなり出してますよね。
実際、FX20を買う時カワイのSR2700、ハモンドのCX、テクニトーンのSX-F3だったと思いますが検討したんです。迷いまくってFXになったんですけとね。

投稿: ポンタ | 2006年3月 2日 (木) 午前 03時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/50239/880391

この記事へのトラックバック一覧です: 最高機種:

« 肉野菜炒め | トップページ | チャーハン 焼き飯 »