« ハモンドオルガン | トップページ | レッド・プチ »

2006年4月 8日 (土)

フルスケール

Els01x_1                                                                                                                         

僕も来年~再来年あたり購入を考えておりますが、・・・

資金の都合があるのでもっと先になるかな~?

フルスケールというと大きい、値段が高いというイメージがあります。たしかにホームタイプだと

エレクトーンで170万円ドリマトーンで156万円アトリエで252万円ハモンドで126万円で、けして安くありませんが、プロタイプでローランドとハモンドだと60万円代からあります。

フルスケールのメリットは弾き易さです。シングルスケールの場合、下のドの音(C音)が弾きづらいという方がいらっしゃいます。フルスケールは、シングルスケールよりペダルの高さより5cm前後高くなっているので十分弾きやすくなります。さらにエックスプレッションがその上に乗っかる感じになるのでなおさら座ったときの安定があります。

1970年代のエレクトーンコンクールでは小学生がみんなEX-42で演奏してました。EX-42の場合、エックスプレッションの高さがさらに高いんです。自分でE-20やFX-20を使ってきましたが、レッスンでEX-42を弾いた時にその辺の所が分かりました。何か補助プレッションでも付けた感じです。

それと、フルスケールのペダルはマウントラバーが付いているのでペダルの上を歩いてもかまいません。でないと、椅子の位置を合わせられませんからね。僕もこの事を昔先生にたずねてことがあります。でも歩かないにこしたことはありませんがね。

シングルスケールはメーカーによって若干位置が違いますが、フルスケールは、メーカー問わず変わりません。みなさん機会があったらぜひフルスケールで弾いて見て下さい。

|

« ハモンドオルガン | トップページ | レッド・プチ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/50239/1328643

この記事へのトラックバック一覧です: フルスケール:

« ハモンドオルガン | トップページ | レッド・プチ »